スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    各地で上映会開かれるみたいです。



    同い年!
    スポンサーサイト
    [ 2009/09/30 13:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

    テンツクテンテン パィーン



    こういう曲を聴きながら、羊蹄山ろくをドライブしたいものです。

    Andy McKee - Art of Motion
    [ 2009/09/30 00:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    テレマークフェスティバル in 洞爺 リザルト

    あと2,3泊してもよかったんじゃないの!?というくらい楽しかったキャンプ。
    人は少なかった。なかなか仲間作りも大変である。
    でもその分とっても濃い話で終始した。

    洞爺湖畔にて

    Naoki+Xは人を感動させることができる男だ。
    スペアリブ、ハンバーガー、テントなど設備。すべて彼の準備による。
    そして、岡山県産ももたろうブドウがヤバかった。あれはヤバいブドウだっ!(→オギさん感謝)

    ミナミさんのマス、ワカサギもうまかった。釣りがしたくなった。
    っていうか、もう喰ってばっかり。肉と野菜もうまかったなー。

    naoki+X


    印象的なのは、HeelFree Networksが外部からはどう見られているかという点であった。
    ここには書かないが、テレマークスキーを通じた人の輪作りはこれからも続く。
    人にモチベーションを与えるには、実際滑っているところを見せるのがいい。
    テレマークスキーは、アルペンスキーの派生ではなく、すべての始まりであって、万能であるからこそ、山にも、平地にも、ゲレンデにも使える道具なのだ。

    Ueno+H


    人生と密接にかかわるスポーツ、それが我々にとってテレマークスキーというだけである。
    サーフィンや、柔道とか剣道といっしょで、生活に深く入り込み、サブカルチャーを形成するスポーツ。
    日本ではスキーがまだまだ浸透していないのだ。本当の意味では。

    Aja+A

    業界では子供が少なすぎる。
    テレマークに限らず、なぜ子供をもっとターゲットとしないのだろう・・・。
    子供や若い選手に注力できる余裕が、ほしいところ。
    誰かの犠牲のうえに為されるのではなく、誰もが参加する形にしたい。
    もっと提案するべきなんだろう。

    Minami

    好きなことを仕事にするというのは、とても厳しいし、覚悟がいる。
    好きだからこそ、普通の人は感じないようなイライラや、腹立たしさもある。
    夢のために頑張るのか、家族のために割り切って頑張るのかでも違う。
    でも本当はその両方だろう。

    [ 2009/09/24 22:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

    サンペイ画伯

    才能っていうのは、やっぱりあると思う。
    人の感性に訴えかけるものに、それは出てくる。
    芸術家は自分の存在を後世にまで伝えることができる幸福な人たちだ。
    技術というより、信念とか、精神の豊かさが、才能という形で出てきている。

    喜茂別にも、何人か芸術家がいる。
    今最も好きな絵は、サンペイ画伯が描いた物だ。

    秋

    詩と絵、昔のきもべつにあった風景を描くシリーズだ。
    この絵は羊蹄山をモチーフにしていて、黄色く染まった木々や藁の上で豆を唐竿でたたく情景である。
    琴線に触れる。

    サンペイ画伯は86歳。もともと建築家で、小学校の設計もしたらしい。
    春になると山菜採りのついでに実家にきて、絵を置いて行ってくれる。
    これからも目に映るきもべつの風景を描いていってほしい。

    [ 2009/09/24 21:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    TGR 



    朝一でテンションあがりますな
    [ 2009/09/21 07:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    帰省

    20090919173434
    かのん初ロングドライブ
    [ 2009/09/19 17:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

    スキーでひざの怪我(ACL)を防ぐビンディングの選択

    Knee Bindings

    このブログでは何度か書いている、自分のひざの怪我。
    スキーは好きですが、怪我はスポーツには付き物。
    安全第一では、楽しさが半減か?いや、求めていたものがついにできた。

    まず、ヒールピースが横方向に動いてリリースするのはこのビンディングが初めてでしょう。


    結構いろんな賞をもらってます。
    ビンディング本来の性能を損なわない形で安全に開放するというのが売り。

    メーカーによると、世界へ輸出できる準備OKとのこと。
    ひざの怪我がなくなる日も近いか!?
    Knee binding2
    [ 2009/09/15 23:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    いつの時代も昔はよかった

    こんな風に書くと、未来は暗く聞こえる。

    金曜夜、池袋でテレマーク談義 With 上野ヒデ、板さん、PVさん、俺。
    スキーの枠にとらわれず、いろいろ話した。
    これからのこと、レースのこと、自分たちがどうしたいか、みんなにどうなってほしいか、子供のこと。などなど。特に最後の子供の話はかなり盛り上がった。

    話の中で、昔は学校の先生について話が出た。
    上野ヒデのお父さんは子供たちのために大きな車を買って、ゲレンデに連れて行って、送り迎えまでしていたという話が一番印象に残った。
    ・・・そうだった。先生が喜茂別にいたときも、伊藤先生も、大きなバスを自費で買って、そこに板も子供たちも、ポールも入れて毎日スキー場にいっていた。
    喜茂別に限って言えば、クロカンも、ファイターズ(少年野球)も、剣道もみんな大人が仕事の途中か終えた後、ボランティアで指導していた。クロカンだったら、あのスノーモービルは誰がどうやって買ったのだろう、あのクラシカル用のカッターは誰が作ったのだろうと、いまさら不思議になった。
    あの当時、羊蹄山麓に限らず北海道の各自治体では、このようなスポーツ少年団が隆盛だった。
    指導者は学校の先生か、ボランティア(保護者)だった。それは今でも残っているし、消えたものもある。

    今、仮に自分が教員だったとして、同じことができるか、いや、できまい。
    毎晩冬の夕方5時からモービルでコース作りをして、カッターを入れ、8時まで指導し、それを十数年と続けられるか・・・、いや、無理だ。
    仮にそれが仕事だとしても、今の時代、子供を指導するということ自体、難しい。

    自分たちは幸せだったのだと、改めて気づかされる。
    今の子供たちを、自分たちと同じか、それ以上幸せにできるだろうか。
    自分だけ、自分の子供だけ、幸せでいいのか。
    昔の大人が、偉大すぎて、自分が小さく感じられる。
    人は、触れ合って育つというTVCMがある。妙に引っかかる。

    帰りの電車で、昔を思い出し、少しセンチメンタルな気分になって、終電が終わった線路沿いの道を歩いた。仕事にしろ、スキーにしろ、煮え切らない自分に苛立ちつつ、それでも昔の大人を目指して、投げ出さずにいようと自分を戒める。それは、昔の偉大な大人たちにのように、自分もなりたい、真似事でよいからそういう人生を送りたいという、新たなモチベーションが生まれたからだった。






    [ 2009/09/14 23:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

    チューニングテーブルゲット

    20090911130336
    これで少しは会社楽しくなるかな?
    [ 2009/09/11 13:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

    新種のブーツ

    新種
    新しい会社からリリース予定のブーツ。
    スノボっぽいけど、スキーブーツである。
    テレマークもこれ式でブーツが進化する可能性、有りますお。
    http://apexsportsgroup.com/
    [ 2009/09/11 11:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    コンテスト



    テレマークスキーも、始めたらやっぱりうまくなりたいし、うまくなったら人に見てもらいたいっていうの、あると思う。
    いつも見られていることを意識して滑る人、そうでない人、最終的なすべりに差が出てくると思う・・・。
    わざとリフト下をショートターンで滑りたい時って、やっぱりかっこいいと思われたいのです。目立ちたいのだ。

    サーフィンも、やっぱりおんなじ。波待ちしているひとに見せ付けたいんだろう。自分のマニューバーを。友達と行くと、反応がすぐに返ってくる。だから嬉しいし、そして時に悔しい。それが続けていくモチベーションになる。だから友達と一緒に行くのは、スキーもサーフィンも一種のコンテストだ。
    人に見られるっていうのは上達につながると思う。そんな風に競うこと、意識することって、大事だ。
    子供も競い合うことで成長するって、誰か言っていたような・・・。

    多くの人に見られる中で、実力を発揮するってのは、本当にすごいな。
    コンテスト、草大会・・・モチベーション高まる。
    [ 2009/09/11 00:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

    じつはゴルフヴァリアントまじで見積もりしてたりして・・・

    ミニバン考えていたが車重おもいし、なんかでかいし、高さ必要ないんじゃぁないの?といろいろ考えているうちに、やっぱりステーションワゴンかなと思い始めている。
    燃費いい車で探すとダントツウイングロードとかなんだが、ちょっと買う気になれない。
    ディーゼルも気になるけど、エクストレイルは結構値段が高いし、日産個人的に嫌いだし(なぜか分からないが・・・)
    現実路線で、レガシィかなーとちょっと自分に残念な雰囲気出てきたところで、昨日のブログの記事コメントにゴルフヴァリアントが!さすが車オタク!と思いつつ、実は前からちょっと気になっていて、1.4Lってどのくらい走るのかなーと思っていたところだった。

    買うなら中古なのだが、結構中古車出始めていて、走行距離も伸びてない車が多い。平均価格は予算よりちょっとオーバーだけど、レビューを見る限り1.4Lでもガンガン走りそう!
    TSIのダブルチャージャー+変速ショック少ないDSGというミッションは新しい物好きをそそる。
    このふたつって、メカ的にかなり革新的だとおもうんだが、環境性能で国産メーカー一本とられてないか?
    ・・・というわけで、今週末日曜に試乗してきますっ!

    でも最後はビビッてアウトバックとかにしちゃいそうな自分が嫌だな・・・。

    フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントを見ているみんなの比較車種

    フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントを見ている人は、他にこんな車種を見ているよ!


    [ 2009/09/09 00:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

    車探しています・・・。

    土曜

    51さんとサーフィン@ヨッシー浜。
    早い時間帯は波も上がってて皆さん楽しそう。
    51さんも5時から滑っていたので自分が着く頃には仕上がっていた。
    アウトに出れない自分はインサイドでテイクオフの練習。
    人に見てもらうとやっぱり意識が違うなー。
    いつかはおいらも乗るぞーっと。

    日曜

    とにかく出かけたいので相棒と子供をつれてスバルへ。
    今の車の処理と次の車の見当付け・・・。
    キマらねー。これはやばい。金もない。中古確定。
    トヨタも行ってみた。
    やっぱり親子三代スバリストだからレガシィなのかなー。
    フォレスターまた乗るのか・・・?
    エクシーガはレガシとフォレスのニコイチに見えるしー・・・。
    スバルは飽きたしフォルクスワーゲンとか良く見えるし・・・。

    ディーゼルエンジンてどうなのかなー。
    ベンツのMクラスって売れなかったみたいだけど。
    日産のエクストレイル買うのはちょっと・・・。
    こういう時代だからディーゼルもいいんじゃないかと。

    悩んでいる・・・。

    [ 2009/09/07 16:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)

    Do, or do not. There is no try.

    この記事はブロとものみ閲覧できます
    ブロとも申請
    [ 2009/09/02 12:22 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。