スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    第一回信州菅平WING Cup GS終了しました

    悪天候の中、お集まりいただいた選手の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます・・・。
    とにかく天気が悪かった!
    と、いいたいところですが、私個人的にも色々ミスがあり・・・初めてのオフィシャルは反省ばかりのレースでした。
    しかし!塚田校長、梅原コーチを軸に、ウイングプロスキースクールの皆さんが悪天候の中、コース設営、ポールセット、ジャッジ、硫安撒き、受付、など、ありとあらゆる作業をしていただきました。これについても、この場を借りてひとまず御礼申し上げます・・・明日のクラシックもがんばりましょう!
    そして、計測を担当していただいたヴィトラの篠塚さん!明日もまた宜しくお願い致します。やっぱり計測がしっかりしているレースは安心です!

    以下、レースについての私の個人的な感想です。
    色々な状況があるなか、もっとも最悪のパターンで当日を迎えたと思います。連日の気温の上昇、前日の雨、そして当日の小雨スタート。正直悲しかったです。しかし、これはお天道様のしたこと、自分にはどうすることも出来ないので、気持ちを切り替えました。

    1本目は大幅遅れの11:30インスペ開始。スタートは12:15となりました。
    まだガスっていたので、急遽梅ちゃんに前走を依頼。
    2本目も予定より15分遅れでスタート。むむむ・・・。

    ・・・まず、良かったことも書きます。
    ええと・・・、2本目晴れたこと。これは精神的に助かりましたー。
    そして・・・、スキー仲間のオガコ第2位!しかもビギナーじゃなくてポイント女子!正直、ジャンプで転ぶと思っていましたが、杞憂でした。ペナルティはありましたが、期待以上の滑り!このままこれを続けて!そして明日の峰の原大回転は優勝して賞金ゲット!?クラシックどうした!?笑

    さて、反省すべきところは多々ありました。
    今日のところは自分の『忘れちゃいけないリスト』にしまって、まず明日のクラシックを成功させたい。
    条件は限られていました。しかしまず第一歩を踏み出すことが重要でした、でも自分はもっといいレースが出来るはずだと思います。

    最後に、色々なアドバイスをくれたうえに、機材や道具、データを貸してくれた上野委員長、畑運営委員、に感謝します。明日以降も宜しくお願い致します。そしてTAJの横山理事、安池理事、お手数をおかけしました!ありがとうございました。

    とりあえず、明日のクラシック曇ってくれ!(この場合、晴れも、雨もだめです!)








    スポンサーサイト
    [ 2010/02/27 20:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

    WING Cup アップデート

    WING Cupへエントリー済みの皆様へ。

    皆様、
    菅平は26日は雨の予報です。
    ポールトレーニングは予定通り実施しますが、天候しだいによっては中止、中断する場合がございます。あらかじめご了承ください。

    コース設営、人員の確保など進めています。
    なにより、天候だけが心配です。
    27日は曇り?雨?
    もう少し気温が下がってくれれば、せめて雪なのになー・・・。

    本日菅平に車でいらっしゃる方、道に雪はありません。気温も高く、どのルートも路面は凍結しておりいません。しかしながら安全運転でお越しください。駐車場は氷、雪がありますのでスタッドレスでお越しいただいたほうが良いです。

    ポールトレーニングは8:30の受付開始です。受付は天狗ゲレンデ前のウイングプロスキースクール事務所です。
    27日はシュナイダーゲレンデのリフト乗り場付近で朝8:00から受け付けております。
    28日も同じです。
    26日のポールトレーニングと、27日以降の会場は違いますのでご注意ください。
    [ 2010/02/26 02:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    重要なお知らせ WING Cup

    WING Cupにエントリーしていただいた皆様、ありがとうございます。
    当日はオフィシャル一同、よいレースになるように、がんばります!

    重要なお知らせです!
    1.レースバーン変更 天狗ゲレンデ→シュナイダーゲレンデ
    要項には天狗、日の出ゲレンデとしましたが、27日GS、28日CLの両日共にシュナイダーゲレンデで行います。
    シュナイダーゲレンデの場所は以下のURLでご確認ください。(PDF文章が表示されます。右側 表ダボスの近くです。)
    http://sugadaira.com/pdf/gm.pdf

    ホテル亀屋→天狗ゲレンデ→裏太郎→裏ダボス→シュナイダーの順で、ゲレンデとリフトで移動できます。
    直前の変更となってしまったことをお詫び申し上げます。


    2.受付の時刻


    両日共に8:00‐9:00です。
    9:00からインスペクションを始めますので、あらかじめご準備ください。

    3.26日のポールトレーニング
    日時 2月26日(金)
    時間 8:30‐2:30
    場所 天狗ゲレンデ
    受付 ウイングプロスキースクール受付
    費用 ¥2,000(コーチングはありません)

    時間内であれば、何時からでもトレーニング参加を受け付けます。

    先週のGARMONT CUPからWING Cupにエントリーしていただいた方も数多くいらっしゃいます。
    2週間で6レースも!

    ・・・そして、Eirikアメリカで優勝!

    [ 2010/02/24 00:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    ヤマボク→菅平へ

    ヤマボクレースから帰還。


    参加された選手、すべての関係者の皆さま、おつかれさまでした・・・。

    いいレースだった・・・。

    2日間、晴れて、そしていいバーンでのレース。

    選手仲間との再会、新しい出会い、人のつながりって面白い。

    たくさん書きたいことはあって、吐き出してしまいたいが、今はやめておいて・・・。

    告知!


    信州菅平、WINGカップはまだまだエントリーを募集しています。


    エントリー方法は、現金書留、デジエントリーのどちらか!下記ホームページでご確認ください。
    http://sugadairawingcup.web.fc2.com/guide.html



    [ 2010/02/22 01:16 ] スキー | TB(0) | CM(0)

    NTH


    さて、うわさの新ブーツ(ニューテレマーク英ちゃん)です。はたしてこのブーツの目的は何なのか!?そしてNTH2も企画中らしい!?テレマークはまだまだ道具が進化中です!
    [ 2010/02/20 22:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    テレマークレースのジャッジ員のためのガイド

    FIS Telemark Committeeで使っている、”テレマークスキーレースのジャッジのためのガイドライン”を翻訳してみました。ちょっと日本語変ですが、興味のある方はご覧ください。

    ガイドラインのダウンロードはこちら

    [ 2010/02/18 19:17 ] ワールドカップ | TB(0) | CM(0)

    2月の週末はテレマークイベントで盛り上がりましょう

    せ、宣伝というか、むしろもう勝手に告知ですが!

    2月の週末、後半はテレマークスキーのレースイベントがあります。ま、しつこく言っているので皆さんご存知でしょう。

    先週と先々週に菅平に行き、いろいろと情報のアップデートがありますので、まずはWINGカップについてご報告です。

    ①エントリーは現金書留より、デジエントリーのほうが手数料が安いです!

    現金書留は500円の手数料がかかります。デジエントリー 、http://dgent.jp/は登録の手間はありますが、現金書留より割安です。
    インターネット環境がある方で、お申し込み希望の方は是非ご検討ください。
    デジエントリー画面

    ②26日金曜のポールトレーニングについて
    26日のポールトレーニングは朝8時半より、菅平高原天狗ゲレンデにて、午後2時半まで行います。(予定は急遽変更になることがありますのであらかじめご了承ください)
    参加をご希望の方は、当日にウイングプロスキースクール事務所窓口に申し出てください。
    ”プチ”スプリントコースを設定する予定です。ランセクションも練習できるゲート設定ですので、実践的なトレーニングが可能です。参加費用は当日お一人様2000円をいただきます。コーチングはありませんのでご了承ください。

    ③27日GS終了後はポールトレーニング、またはビギナー講習を予定
    GSレース終了後、またまたポールトレーニングを予定しています。加えて、ビギナーの方でご希望があれば、”一緒に滑ろう会”を考えております。詳細は当日開会式でお知らせいたします。参加料金は、エントリーした方に限り、無料です。エントリーされていない方はお一人様2000円をいただきます。コーチングはありませんのでご了承ください。予定は急遽変更になる場合がありますのであらかじめご了承ください。

    ④ワールドカップ出場選手が多数参加
    TD(TAJテクニカルデリゲート)として今期ワールドカップ日本人男子最高成績12位の上野英孝選手、またUnlimited Potential社長であり、同じく今期ワールドカップ日本人女子最高成績14位の畑”アジャ”あやの選手が参加されます。他にも、今期ワールドカップ参加選手がレースに参戦します。ワールドカップ出場選手の実力がどんなものか、実際に目で見て、挑戦してください。
    ポールトレーニング、ビギナーとのセッションで、これらの代表選手と共に滑り、すべりのワンポイントを掴んでいただきたい!

    ⑤ジュニア&ビギナークラスはワンポイントレッスンつきでコースを下見

    ジュニア、およびビギナークラス参加の皆さんは、インスペクション(コース下見)をワンポイントレッスンつきで行います。テレマークレースのコツを伝授!尚、ジュニアクラスは事故防止のためジャンプセクションを通過しません。
    自信のある方はポイントクラスにエントリーください(料金は高くなってしまいます)

    ⑤スタート順はエントリー順

    第一回大会ということもあり、過去の成績などもありませんので、スタート順はエントリーをした日付の若い順です。
    早くエントリーしたほうが、バーンが荒れていない状況でスタートできます。コンビニ決済が可能なデジエントリーが早いですよ!

    ということで、WINGカップはまだまだエントリーを受け付けております。よろしくお願いいたします。









    [ 2010/02/16 22:05 ] スキー | TB(0) | CM(0)

    ガルモントカップ @ ヤマボク

    大会の申し込み締め切りが迫っています。
    17日締め切りですよ!
    エントリーされたい方はいち早くお申し込みを!
    ワールドカップ帰りの選手、これからワールドカップに行く選手も多数参加します。
    ワールドカップ選手にチャレンジしましょう!

    ヤマボクで初開催です。
    詳細はHEEL FREE NETWORKSホームページへ。

    次の週は信州菅平でWING Cupです。こちらもまだまだエントリー受付中!!
    是非遊びにお越しください!

    [ 2010/02/15 00:44 ] スキー | TB(0) | CM(0)

    菅平はワールドカップ並みのバーン

    とにかく技術志向の強い皆さんがお集まりの菅平。
    いろんな山でパウダーパウダー言っていますが、菅平は圧雪。ハードバーンである。
    朝はしまった雪で比較的エッジは噛むが、ギュっという音のする雪。
    午後はベースの氷が出てきてカリンコリン。
    いい練習できる。
    テレマークスキーに関して言えば、ビギナーの方はまず菅平のスクールでテレマークの基礎を学び、ちょっと根子岳上ってお手軽バックカントリーを楽しみ、気まぐれにゲートも入ってみてさらに新しい自分を発見・・・と、すべてできちゃう。空いていれば都心から約3時間と比較的近くて、宿の数も充実。
    あれ、テレマークのワールドカップできちゃうんじゃないのかな・・・?
    [広告] VPS

    週末は土曜に菅平入りをした。
    信田君が名古屋から4時間かけて駆けつけてくれ、ゲートトレーニングに参加した。
    連絡コースを使ったお手軽SPを設定し、交通整理をしながら信田君の練習に参加。
    信田君のスケーティング技術が一段階レベルアップしていたことに驚く。若い選手の上達には目を見張るものがある。
    このような、ゲートとスケーティングを織り交ぜたトレーニングを5本以上行う。
    信田君は日帰りで、帰りもまた4時間名古屋まで帰る事を考えると、走らせるのが可哀相とも思ったが、信田君本人が、スケーティングをしてから帰りたいと言う。100mほどの登りの直線で、スケーティング。かなり辛そうだった。写真を撮ってフォームもチェック。疲れている割にはいいすべりだった。
    ゲートも自分なりに試行錯誤しているようで、頼もしい。ワールドカップは、兎にも角にも20位以内に入って欲しい。いけるぞ!
    信ちゃんランセク

    日曜は定さん、重太が菅平に来てくれた。
    これで、週末は日本代表選手が3人トレーニングしたことになる。
    天気がよく、バーンもよくしまっていた。相変わらずいいゲレンデだと思った。
    土曜と同じく、ランセクションを設け、交通整理を行った。
    重太のゲートの攻めには思わず声が上がった。練習で攻めなければ、試合では攻めきれない。これが本人にも分かっているのだと思う。非常に攻撃的なすべりだった。重太はもともとスケーティングフォームがいいので、ランが速い。
    手を抜かずスーパーでガンガン漕ぐので、緩斜面のスピードに繋がる。この調子を何とか維持し、日本のレースで調整して、ヨーロッパに旅立って欲しい。

    定さんは、すべりにまだ悩みを抱えている様子。
    内傾角をつける前に、内足を深く曲げてしまうために、上体が立ち上がった状態でポールの横にやってくる。その後無理やり横に動こうとするのでバランスを崩している。もしくはスキーをずらして浅いターンが始まるか、そうでなければ無理やり前後の板を入れ替えて、遅れ気味の切り替えとなる。これが次の谷回りの形を作れない原因となり、悪循環となる。
    外向の意識はよいが、緩斜面ではかえって邪魔となる。時と場合を選んでターン弧を調節するのは、ライン取りとも相まって、非常に重要だと思う。
    こういうときにお勧めなのは、アルペンターンだ。一度すべりを整理するためにも試してみて欲しい。アルペンの基礎を見直すのは、テレマークにとっても大切である。
    126610480671.jpg

    さて、今回は個人的に非常に嬉しいことが二つ。
    ひとつ目は、仲間の一人が去年から続けてきたテレマークを今年も継続し、今回初のポールにチャレンジしたことだ。
    アルペンレーシングでの非常にしっかりした基礎があるために、上体の使い方、板の捌き方やリカバリにセンスが感じられる。ポール二日目で、かなりのスピードで滑ってきた。ブーツの前後差を少し意識して滑ること、ターンマックスでの自分の安定するポジジョンを早く見つけること、たくさん滑って怖さを克服すること。
    切り替えのタイミング、ターン前半の作り方は、世界のトップクラスの女子にも引けをとらない。彼女のスピード感覚とバランスセンスには敵わない。あとはターンの外力を如何に処理して、ターン後半の抜けを作っていくかだ。がんばれ!アルペンの草大会は優勝して当然。負けは許されない(笑)

    ふたつ目は、某SNSでメッセージをいただき、急遽練習に参加してくれた方がいた事。山だけじゃなく、レースも!という心意気がすばらしいと思った。こんな風にチャレンジできることが素敵だと思うし、きっと何かを掴めると革新した。すべりの日が浅いとはいえ、ポールの中で果敢に動いている。緩斜面と急斜面のメリハリをつけて、自分なりに攻めている。いろんな人の考え方があると思うので、ご自分に合ったすべりを見つけて欲しいと思った。でも急斜面でしっかり外向を作るのはお勧めです!また一緒に滑りましょう。今度は娘さんもご一緒に。笑
    [広告] VPS

    とまあ、2日間菅平で滑ったわけだが、WPSSの皆さんには本当にお世話になった。
    社長、ウメちゃん、インストラクターの皆さん、今回もお世話になりました。
    そしていつもの仲間の大輔さん、チヒロ、アルペン練習に混ぜてくれてありがとうございました。
    菅平はバーンが硬く、アルペン特有の彫れができにくいので、テレマークレーシングのトレにもばっちりです。













    [ 2010/02/14 23:51 ] スキー | TB(0) | CM(0)

    菅平は今日もハードバーン

    201002140830000.jpg
    いい天気です。昨日の信田君に引き続き日本代表選手の定さん、久田君が練習に来ています。女子選手も新たに加わり、代表選手の座を狙っています。今日もスプリント的に走るコース内容。ビギナーの方も参加します。菅平ウイングプロスキースクールはテレマークレーシングが毎回本格的にできる環境を用意してくれます。ありがたいです
    [ 2010/02/14 08:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    ちよこれいつ

    image.jpg
    おがこからチョコのサプライズ。早速ココアパウダー散らかしたストリームマウンテン大輔
    [ 2010/02/13 19:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    信田

    201002131313001.jpg
    沢山走ってます。ラビット良くなってきた
    [ 2010/02/13 13:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    信田 菅平高原でスケーティング

    かなりいい練習できてます
    [ 2010/02/13 13:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

    イギリスチーム

    今年のテレマークワールドカップ緒戦は、イギリス軍のテレマークチームがオーストリアで運営した。


    なんか・・・、テンション高いなー・・・。
    [ 2010/02/12 21:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    テレマークのターンをみてみよう



    一人目はNTN、あとの二人はG3のケーブルビンディングでしょうか。

    レースには規定があります。
    ブーツ一足分、足を広げなくてはならないのです。
    判定は旗門員が行います。
    さて、あなたが旗門員だったら、一人目のテレマークスキーヤーをどう判定するでしょうか。
    [ 2010/02/11 01:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

    テレマークスキーレースのコースはこんな感じ(クラシック)



    スイスの国内レースらしい。
    クラシック。
    旗門間隔もちょうどいい。途中ジャンプセクションあり、その後ヘリコターンをしてスケーティングの王道コンビネーション。さらにゲートをこなしてゴール。

    いいコース設定だね!
    [ 2010/02/09 20:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    いつか訪れるTHE DAYのために

    雪が多い今年。
    チェックしているブログではパウダーパウダー。みんな深雪を楽しんでいるようだ。
    山を登ること、雪を移動すること、滑ることトータルで考えると、テレマークスキーのよさが分かる。
    なにせ、テレマークスキーは万能だから。

    深雪は、自分が上手くなった気にさせてくれるときがある。
    それはそれで楽しい。
    でも、本当に上手くなっているわけではない自分がいる。
    やっぱり、上手くならないと面白くない。
    上達の喜び、競い合える仲間、それが長く続けるエッセンスでもある。

    やっぱり、上手くなりたいなら、ゲレンデでしっかり滑り込まなくてはいけないのだろう。
    じゃないと、パウダーも楽しめない。

    菅平には、そういう技術志向の人が多いように思う。
    検定合格のために、人のすべりを見る。
    どうしたら上手くなるか、ずっと考えている。
    そういうのは、それはそれで楽しい。
    気がついたら、自分もずっとそんなことしていた。
    テレマークは奥が深いから、飽きないんだろう。
    [ 2010/02/09 01:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    機動戦士チヒロ

    201002071523001.jpg
    菅平高原は積雪量たっぷり。いい雪だ。これから大会の打ち合わせ。いい大会になるといいなぁ~
    [ 2010/02/07 15:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

    上野12位

    Norway WC Rjukan SPで上野12位。
    今期日本人最高順位である。FISのPointは50をきりそうだ!
    ノルウェーではTV中継された模様!
    映像検索できず!
    明日のクラシックに向けて更なるランクアップに期待したい!
    アメリカのシェーンに勝って欲しい!

    優勝はダントツでEirik!
    昨日のGSのリベンジ達成だ!本番に強い男である。

    他の日本人選手もがんばっている!


    [ 2010/02/06 00:56 ] 未分類 | TB(1) | CM(4)

    Norway, Rjukan GS

    [ 2010/02/06 00:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    ブルーオーシャン戦略?

    Accord Crosstour のエクステリアがかっこいい件。

    http://automobiles.honda.com/accord-crosstour/exterior-photos.aspx

    ステーションワゴンと、クーペを足して2で割ったような感じ?
    同じ形のライバルはあまりいなそう。
    しいて言えば、BMW X6か、アウトバックだろうか。

    そして新しいMAZDA 5(プレマシー)が発表になった。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20100122/1030842/
    買わなくてよかったかもしれない。
    [ 2010/02/04 12:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    G3 スキーのグラフィックコンテストに参加しないかい

    http://www.g3skigraphiks.com/

    応募作品が見れる。
    ナオキ君とか参加すればいいべさ。
    [ 2010/02/03 01:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

    もうすぐ Rjukan



    昨年の映像。子供たちが盛り上がっているね!
    [ 2010/02/03 01:13 ] スキー | TB(0) | CM(0)

    規格化がマイブーム

    UP destribution

    Heel Free Networks ブログ に出てくる登場人物たちは皆イキイキとしている。写真もいい写真ばかりだ(お世辞でなくほんとに。)Unlimited Potentialが各国の代表選手の注目を得ているという記事にたくさんの可能性を感じる。

    最近マイブームである規格化。仕事の関連で、安全規格や、業界のスタンダードと呼ばれる文章をひたすら読んでいるからなのだろう。私の理解では、規格化というのは誰かのノウハウが積み重なって常識となり、それを誰でもわかりやすいように文章化したものである。

    ノウハウ → たくさんのノウハウ=プロの常識 → みんな知りたい →文章化して規格化

    とまあ、こんな感じ?

    この規格化が上手いのが、アメリカ、イギリス、ドイツ、ノルウェーなのである。
    たとえばノルウェーはバイキングの国。造船技術に長けていた。だから造船のノウハウが集まって、規格化された。今世界の船は、このバイキングのノウハウを標準として作られているのだ。・・・たぶん。ざっくりだけど。他にもたとえば、自動車なんかも規格がたくさんある。ヨーロッパの安全規格なんかは、ドイツ車を標準としてかんがえられているのでは?こうして規格を作ることで、ライセンスで儲けたり、品質や安全基準を保ったりといろいろメリットがあるのだ。

    日本はこれがへたくそだ。職人文化なのである。だから誰もノウハウを規格化しようとしてこなかった。なんでだろう?ノウハウが常識になったら、おまんま喰いっぱぐれると思っているのが日本だ。そういう意味では日本はまだまだ不毛地帯である。

    しかしこの職人文化も、スキーの世界では『革新と挑戦』を生き様とする人々によって、少しずつ変わってきた。前述のUnlimited Potentialである。
    レーシングテレマークスキーという新しいノウハウは、UPという板に凝縮され、FIS World Cupのスタンダードに成る可能性を秘めている。今まではアルペンのGSの板しかなかった。テレマーク専用のプロファイル、バランス、フレックスを持つ板。ブルーオーシャン戦略である。
    この板で世界のトップクラスの選手が表彰台に立ち続ける。日本の、札幌のスキーメーカーの板が、業界の標準になっていく。『革新と挑戦』によって、新しい波が生まれつつあるのではないか。

    UP
    Unlimited Potentialはハードバーンで鍛えられてきた。そんじゃそこらのバックカントリー用テレマークスキーとは違う。深雪のごまかしが一切ない、アスリートの世界だ。言わばレース職人によるノウハウの塊なのである。畑あやのと、それを支える人々の結晶だ。これは、スタンダードに成りつつあり、認知されてきた。この板から派生して、深雪の板もいい板ができる。自動車が、プラットフォームを利用して派生するように(FIT→FREED、LEGACY→EXIGA、GOLF→COLF_VARIANT)UPはレース板をベースに深雪で走る板が作れる。

    さて、日本のテレマーカーといわれる人々は、UPをどう思っているのだろうか。彼らは世界規格となりつつあるUPを捌く技術を持っているだろうか。職人文化の山テレマーカーのままで、本当にいいのだろうか。
    [ 2010/02/02 21:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    Army Telemark

    Army telemark


    っちゅうことで、日本のライバルイギリス軍もがんばっています。
    板さんも来年はこのレースからかな?
    記事のリンクはここ
    [ 2010/02/02 10:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    Eirik Rykhus 三日連続の表彰台

    ノルウェー代表 Eirik RykhusはUPの板を履いて大会に出場。表彰台に常にあがっている。

    彼のホームページの自己紹介には、こんな一文がある。

    ”My goal is to be in the top of the world in Telemark skiing, and to create awareness and interest around telemark sport among children and youth.”

    簡単に訳すと、
    ”私のゴールはテレマークスキーの世界でトップになり、そしてテレマークに子供たちとユースからの注目を集めること。”
    と、こんな感じ。
    世界のトップ選手が、子供やユースのことを考えてスキーをしているということがとても頼もしいし、感心するし、応援したくなる。スキーをする一番の目的は、子供たちのためというスキーヤー。

    彼は2児の父。普段は大学病院で電気技師として医療機器の開発をしているエンジニアだ。
    人生を一生懸命生きて、楽しんでいる彼の滑りが目に浮かぶ。

    HP
    [ 2010/02/02 02:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    Result, Norway WC @ Bjorli CL

    男子
    1 Mattias Wagenius SWE
    2 Eirik Rykhus NOR
    3 Bastien Dayer SUI

    女子
    1 Amélie Reymond SUI
    2 Katinka Knudsen NOR
    3 Lorin Paley USA

    寒かったみたいです。
    詳しくはHFNのブログで確認!
    HFN HP

    [ 2010/02/02 01:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

    Result, Norway WC @ Bjorli GS

    男子
    1 Eirik Rykhus (NOR)
    2 Mattias Wagenius (SWE)
    3 Daniel Forrer (SUI)

    女子
    1 REYMOND AMELIE (SUI)
    2 MEYER SANDRINE (SUI)
    3 KYLLASTINEN JENNI (FIN)

    日本選手の活躍はHFNのブログで!
    [ 2010/02/02 01:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。