スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    いい映像きたよこれ

    Svindal GS highspeed cam from aksel svindal on Vimeo.

    This is what GS turns looks like filmed with a highspeed camera.



    これはまじでいい映像だなー。
    スヴィンダル自身もそう言ってます。このハイスピードカメラをスキーテストに使っているそう。サイドカーブとかの違いがわかるとか・・・。

    それにしてもいいわー。いい。感じ入ります。美しい・・・。

    ついでに、実際のスピード感は次の映像で。


    いいねZNL!
    スポンサーサイト
    [ 2010/08/29 23:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

    Free Heel の世界は深いですよ



    山でテレマークをしないなとテレマークじゃないなんていっている時代は早く終わって欲しいと強気なこと言ってもいいですか?

    あと3ヶ月でシーズンです。
    会社で走ります!あ、波乗りも行きますよー!
    [ 2010/08/18 23:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

    ファッションは難しい!?

    最近指をしゅぴっとするのがお気に入りの娘っ子
    ↑人差し指をシャキーンの図
    ブログを書く時間的余裕が出てきた今日この頃。

    最近は作業着に着替えている。
    スーツを着なくてよい環境には感謝している。

    普段からおしゃれとは縁遠いが、毎日服を選ぶというのはなかなか難しい。
    体にコンプレックスがある場合は特にそう。
    どこかに心理的にそれを隠そうという服装になる。
    そういう隠そうというネガティブな気持ちが基準になり、全体的にネガティブな印象になってしまう。
    コンプレックスは隠そうとすればするほど、おしゃれではなくなる、なんとも皮肉な結果になる。
    そういう時は気分もネガティブになりやすい。

    足が短く太すぎる。最近は太りすぎで肩や腹が出っ張っている。
    しかし太りすぎなこと意外は気にしないことにしている。笑
    数年前(今は違うと思うけど・・・)イタリアのファッションショーをテレビで見たら、男性モデルは皆足が太くてズボンもパツンパツンで、ガッチリ体系だった。それでもかっこよく見える(その当時はね・・・)
    こういう体系でも小奇麗にしていればなかなかよく見えるものだと感心した。

    制服は、個を目立たなくする。コンプレックスを隠すという行為は、心理的に見れば制服を着ていることとあまり変わりない。いつの間にか、自分らしい服装という制服を作り上げてしまっている。
    ファッションとは、そのときの自分の気持ちが服装にあらわれれば、多少古くても、ダサくても、いいんじゃないだろうか。(程度の問題あり)
    今日は暑いしテンション高いから派手目の服→。とかでいいんだろう。
    思い切り気持ちを出してファッションしている人は、ぱっと見かっこよく見える。(よく見ると変な時はある。でも人は第一印象にウエイトを置くようだから・・・大丈夫!?)

    ファッションも心の余裕があってこそ。
    いつも少しだけ余裕を持った生活がしたいものだ。

    さて、あさってから夏休みダー!
    [ 2010/08/09 22:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。